私には2人の子供達がいます。
子供達は母乳育児で育てました。
最初の子供の時は、おっぱいをあげると乳首が切れてとても痛くて大変でした。
でもおっぱいをあげている時の子供の顔を見ると、とても幸せな気持ちに包まれました。
そのうち、子供がな泣くとおっぱいが出るようになり、
子供におっぱいを吸ってもらう事で、自分の母性もだんだん
目覚めてきたように感じます。
おっぱい育児のいい所は、子供が泣くと、すぐおっぱいをあげる事ができる所です。
おっぱいが張ってくると、子供に吸ってもらうと楽になるし、
出産前に増えていた体重は、おっぱいをあげるとともに、
みるみる減っていき、体って、うまくできているんだなと思いました。
おっぱい育児は、子供とくっつく事で、お互いに安心感を確かめられて、
絆を作れる所です。
その絆が子供達の心の成長に深く関わっていくだろうし、
私自身も、あの感触があるからこそ、子供達を守っていこうと頑張れる原動力になっていると思います。