会社の人間関係がこじれて、仕事がうまくまわせなくなり、ついには退社する運びとなりました。
会社の最寄り駅までは行けるのに、そこから足が進まず、しゃがみこんで泣く始末。
自ら心療内科を受診し、心理療法士によるカウンセリングを薦められました。
そこで行ったのが「催眠療法」です。
私が受けた「催眠療法」について、感想を述べたいと思います。
まず、リクライニングソファーに横になり、目を瞑り深呼吸をしてリラックスした状態をつくります。
緊張していると「催眠状態」に入りにくくなるので、ゆっくり大きく呼吸をします。
穏やかな先生の言葉によって、心が落ち着いてきます。
そして、問題のある過去へと誘われます。
嫌な思い出を俯瞰的に見ることによって、当時の自分に寄り添います。
声を掛けてあげたり、肩をさすってやったり・・・。
空想の世界ですが、とても不思議な感じがしました。
そして苦しい思いをしている自分と向き合うことで、過去のトラウマを解消していくのです。
おかげで今では新しい道に進めるまでに回復しました。